2005年06月22日

0622-○

*** 一発退場 ***



危険球で相手投手が退場したと思ったら、
怒涛の連打で序盤に6得点(^_^)

4・連・勝・だい!

あぁん嬉しいよう!
今夜は素敵ブログを飛びまわって、喜びを分かち合いたいなぁ。
栗山がタイムリー打ったしネ(←ここ重要です!)


-------------------------------------------------------

さて。
実は先日「ミュージカル・バトン」なるものを受け取りました!
ご指名を受けましたので、今回はスズキユカ編の「ミュージカル・バトン」を
ご紹介します。げへへへ。長くてすんませんネ。




■Total volume of music files on my computer
 (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
 
職場PCには、ちょろちょろと音楽入れてるんすけど
今見たら自宅PCは音楽ファイルがゼロでした。
ちなみに携帯の着うたは残り容量が47KB。
限界ぎりぎりまで雑多な曲を入れてます。
音楽は自宅コンポor着うたで楽しんでまス。
 

■Song playing right now (今聞いている曲)

 「あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。」 -クレイジーケンバンド-

クレイジーケンバンド

西武ライオンズファンにはお馴染みの曲ですね。栗山巧の出囃子(?)です。

"やればできるよ できるよやれば 
    やるしかないんだから やらなきゃダメなのよ" 

という歌詞に、この曲を選んだ栗山の気持ちが痛いほど伝わってきます。
私も頑張るよー、栗山!(←痛いのはおまえだスズキ)
たしか『Oldies but Goodies』に収録。
  

■The last CD I bought (最後に買った CD)

え、えっと……なんだったかな…(-_-;)
多分、インディーズ活躍中☆林田健司だったと思うんですが。
林田健司は、最近だとkinki kids「ビロードの闇」で楽曲提供とかしてマス。
田端出身・究極の"ひとり上手"系アーティスト(笑)


■Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
 (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)


 「Blues For Art」 -Chick Corea-
  

Expressions


アルバム『EXPRESSIONS』の中の1曲。
数多くの名曲を持つチック・コリアの中で、不思議とヘビー・ローテーションなのが
この曲。エレクトリックなreturn to foreverも好きですが、艶やかなピアノも
アダルト☆な感じで大好物です。



 「The Love We Make」-SING LIKE TALKING-

SING LIKE TALKING


アルバム『RENASCENCE』の中の1曲。佐藤竹善のキレイな声が最大の魅力っす。
この曲はストレートな歌詞も好きです。

  "なぜか 巧く云えないんだ きみへの想いは
   言葉はその場の煙になる" 

っていう最初のフレーズで鳥肌が立ったですよ。
煙になる、っていう語感が凄い。同アルバム収録の「欲望」と対にして
よく聞いてまス。高い澄んだ声が好きな方は、絶対気に入るかと。


 「SPAIN」 -covered by 佐藤竹善-

SPAIN


アルバム『CORNERSTONES 2』収録のボーナストラック(初回盤のみ)
すんません、また佐藤竹善っすね。
チック・コリアの名曲「SPAIN」を佐藤竹善がカヴァーしてます。
このアルバムにはCharとの共演「Change The World」とか
「The Christmas Song」(Nat King Coleの名曲)も収録されてて
かなりのヘビー・ローテーションっす。超オススメ!


 
 「Supermodel Sandwich」 -Terence Trent d'Arby-  

TTD

アルバム『Vibrator』収録。いわゆるソウル系ミュージックを聴いてみたくて
初めて買ったのが、このアルバム。HMVで視聴した時、TTDの超絶っぷりに
愕然としたっす。とにかく、あらゆる点で卑怯なくらい凄い
現在は改名して"サナンダ・マイトルーヤ"に変わってるみたいです。
実はさっき気付いた(-_-;)


 「からたち野道」 -THE BOOM-

THE BOOM


アルバム『JAPANESKA』の最後の1曲。沖縄戦の悲劇に思いを馳せつつ、
美しい旋律に浸る、そんな曲です。後に"島唄"を作ったTHE BOOMの初期作。
THE BOOMは名曲が非常に多いので、ベスト盤から聴くのも良いかと思いまス。
宮沢和史の歌は勿論、詩も大好きっす。

達観して冷めてたり、自分の本心がわからなかったり、愛情に悩んだり
そうした経験が実は、人生にとって大切な糧になるっつう事を教わった…かな。
えへへ(ほんとかよスズキ)

自分を複雑だと感じて自己嫌悪すら感じてたとしても、最奥にいる自分は
意外と純粋で素直だったりする。はるかに情熱的だったり。
「まわりの人間は、どうしてこんなに何も考えないんだ!?」と達観して
苛立つことすらあるかも知れないけど、自分だって自分を知らない。

きっと、相手という鏡があるから
自分の姿が見られる。

だから社会との関わりを避けることは、自分を避けることに近くて
自傷行為に近い。痛いツライ苦しい寂しい哀しいの5連コンボ。
何も解決策は見つからない。

損得勘定で相手に優しくしたって、それはそれでオッケー。
誰かを喜ばせられたなら、それは誇るべきこと。
自分の真意なんて関係ない。相手の笑顔を嬉しいと感じなかったとしても
それはそれでオッケー。

たとえひとりでもいいから、
誰かにとって自分が宝物であれば、それで充分かと。



そういったことを、ふと考えさせられるのでス。



■Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)

  えっとですね。
  「5名」だとバトンリレーっぽくないので、
  「1名」にしちゃいました。ごめんにゃさい。
  栄えある次の走者は、この方。


  マイリスペクト・奈々姐さん! 
  (悲喜交々なヒトリゴト。 http://sume.blog7.fc2.com/


  姐さん頼んますm(_ _)m
  ビシッときめちゃって下さい!





  





posted by スズキユカ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 野球ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。